となりのトトロのような 古き良き昭和な暮らしを求めて

      中古住宅をリノベーション 田舎でまったり のんびり暮らす 

ブログ

時短家事 お料理編2

投稿日:

1.常備菜づくりはほどほどに

よく週末にまとめて常備菜作りをしている人がいます。
3時間かけて一週間分の常備菜を作ったとか
15品作りましたとか
買い出し→常備菜作りをして1日かけたとか
その常備菜を電子レンジでチンして出しているのなら
栄養素が抜けちゃってしまっているので残念だなって思います。

私は常備菜作りを週末にまとめて作る人を否定しません。
そういう方法もあってもいいと思います。
一つの選択肢だと思っていますが
我が家ではしません。

私はせっかくの週末に常備菜作りに時間をかけるのはもったいないと思っているからです。
その時間があればこどもと一緒に遊んだり、家族でおでかけができるのにって思います。

常備菜作りも大切かもしれませんが
大量に作ってストックするよりも30分以内に3品作れる時短料理を毎日するほうがいいと思っています。
できたてのあたたかいお料理を家族に出したいと思っているからです。

私も常備菜作りはしますが
毎日お料理を作っている時に常備菜作りを一緒にしています。

我が家でよく作るのは
切干大根 もやしのナムル キャロットラペ ねじりこんにゃくの煮物です。
それらを多めに作って2~3日で使い切ります。
時間がたつと味が染みておいしいものを主に作っています。
我が家の毎日のごはんはとてもシンプルですが、文句は言われません。

昨日の我が家の夕食は
鶏肉の塩麴オーブン焼き×もやしのナムル×キャロットラペ×ねじりこんにゃくの煮物
大人には なばなのおひたし
お味噌汁とごはんです。
仕事から帰ってきて作ったものはおひたしとお味噌汁と土鍋ご飯だけ
時間がかかるのは土鍋ご飯だけど30分で炊けます。
鶏肉はオーブンに入れるだけでした。
あとは常備菜をよそって完了!

流れを書くと
帰宅→精米機にお米を入れる→お米を洗う→浸水なしで炊く(時間があれば浸水)→鶏肉をオーブンに入れてスイッチオン→玉ねぎを切って鍋へ→わかめを入れる→お味噌汁を作っている鍋の中に小さい網を入れてなばなを一緒にゆでる→なばなのお浸し完成→お味噌汁完成→鶏肉完成→ごはん完成→盛り付け→夕食
という感じです。

味噌汁を作るときにブロッコリーや葉物を小さい網に入れて一緒の鍋で茹でています。
ガス代も節約できるしブロッコリーや葉物の栄養もお味噌汁と一緒にとれるしね。

一昨日の夕食は
厚揚げの油淋鶏風(大人には刻み葱たっぷり)×もやしのナムル×キャロットラペ×わかめと玉ねぎともやしの中華スープとごはんでした。

我が家のこどもたちはラム肉が大好きなのでラム肉もよく買います。
夫はラム肉が苦手なので夫には違うものを出します。

習い事があるときは簡単に食べられる丼ものが多いです。
キャベツと玉ねぎのラム肉焼肉炒め丼×蒸したブロッコリー×わかめスープ
夫が前日に魚を食べたいと言っていたので夫には塩鮭×キャベツの千切り×蒸したブロッコリー×わかめスープでした。

半額だった化学調味料不使用の焼き肉のタレを使いました。

今日の夕食は
子どもたちは三重県の天然ぶりの塩麴焼き×切干大根×ねじりこんにゃくの煮物×春キャベツの千切りにしようと思っています。
大人は天然ぶりのお刺身にします。
我が家の子たちはぶりの刺身はまだ食べられないのでお刺身は大人だけ食べています。
上の子はサーモン マグロを食べます。
下の子はたまにサーモンを食べるかな。

毎日上の子と下の子のお昼ご飯を読み上げるので
夕食は重ならないようにしています。
上の子がお肉料理 下の子が魚料理の場合は夜は野菜たっぷり料理にしています。
たまに重なってしまうこともありますが同じ魚料理でも学校では鯖 おうちでは鮭とか
同じ魚でも味付けが違ったら文句を言われません。
うっかりお昼にカレーだったのに夜もカレーを作ってしまったときもありましたが
カレー大好きだからいいよっと言ってくれました 苦笑

上の子は特にシンプルなお料理が好きです。
キャベツともやしと玉ねぎだけの醤油麹の野菜炒めが大好きです。
私は手抜き料理でごめんねって思うのですが
娘は一番好きな料理だと言ってくれます。
手の込んだお料理が好きではないそうです。
子供だったら煮込みハンバーグとかミートボールとかクリームコロッケとか喜びますが
上の子は嫌いだそうです。
昔はケチャップライスが苦手でしたが食べられるようになったので
オムライスは週末によく作ります。
和食が好きなこどもたちなので和食中心です。
週末は夫がパスタを作ってくれたり
みんなで米粉ピザを作ったりしています。
週末に洋食を食べることが多いかもしれませんね。

2.買ってきた食材は下味をつける

スーパーで買い出しをしたあとはどうしていますか?
大量にまとめ買いをするとしまうだけでも労力ですよね。
だからといって冷蔵庫や冷凍庫にそのまま入れてしまいますか?
ただ小分けするだけですか?
もうちょっとだけ頑張れば楽チンですよ。

我が家では小松菜をよく使います。
葉物は2~3日すると栄養がなくなってしまうので
冷凍するといいそうです。
なので買ってきたらすぐに洗って食べやすいサイズにカットしてジップロックみたいな袋にいれて冷凍庫へ
いれます。

小松菜をそのまま自然解凍してお醤油とすりごまをかければおひたしになります。
ゆでたり蒸したりしなくても食べられます。
ただ、時期や小松菜によってえぐみみたいなものを感じることがあるので
もしえぐみがあるなら少し蒸した方がいいかもしれません。

人参や大根はヘタを切り落とします。
ヘタから葉っぱが出て栄養が葉っぱにいってしまうのですぐにヘタは切ります。

大根は冷凍すると味が染みやすいので
輪切りにして面取りをして冷凍庫へ入れておきます。
大根と鶏手羽元のさっぱり煮はよくします。
我が家では手羽元よりも大根の方が大人気です。

お肉は塩麴で下味をつけて小分けにしています。
前に豚肉を生姜焼き用に下味をつけたり鶏肉を何種類か味付けをしたことがあったけれど
豚汁を作りたいのに生姜焼き用の豚肉しかないということが多々あり下味は
塩麴のみにすることにしました。
生姜焼きにしたい場合は解凍するときに味付けをすることにしました。

きのこも冷凍すると酵素の働きによって、加熱後の香りやうまみが増すといわれているので
食べやすい大きさにして冷凍にしています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへ
にほんブログ村


田舎暮らしランキング

関連記事

グルテンフリーの手作り米粉の玄米ポリッポリ風

グルテンフリーの米粉の玄米ポリッポリ風をおやつに作りました。 マクロビスイーツをたべない夫もプレッツェルの香ばしい香りに誘われて一つパクリ カリカリしてうまい! 手が止まらない 笑 こどもたちも美味し …

手作りとろっとろゆず種化粧水

ゆずの種の化粧水が完成しました。 ゆずの種の化粧水を作った記事 ゆずの種で手作り化粧水 とろっとろ ぬるぬるで乾燥しがちなお肌がうるおいます。 使った玄米焼酎 特製 玄米焼酎(35度)(1800ml) …

寝ながら簡単バストケアブラ

卒乳後のバストがまな板に干しブドウになってしまいました。 もともとバストは小さめ 2カップもダウンしてしまい貧乳に バストアップ商品をいくつか試したけど効果なし 授乳中はブラをしていましたが こどもが …

発酵あずき レシピ

レシピ 材料(2人分) 茹で小豆 250g(茹でた後の重さ) 乾燥米麹 100g 水 1~2カップ 1 あずきをゆでる DSC_0217 2 茹で小豆と米麹と水のすべてを専用容器に入れ混ぜます。 水は …

ゆずの種で手作り化粧水

ご近所さんからゆずをたくさんいただきました。 ゆずの種に焼酎を入れました。 1週間後に化粧水ができます。 楽しみ 使った焼酎 特製 玄米焼酎(35度)(1800ml)【小正醸造】□価格:3179円(税 …

プロフィール


はじめまして
自宅でプライベートサロンをしているビューティーセラピストです。
オーガニックなものナチュラルなものが好きで
マクロビオティックにドはまりしていました。
その流れで自然派育児をしていました。
いまはゆる~く取り入れています。
健康オタクです。

田舎に中古住宅を購入しセルフリノベーションしました。
DIY大好き夫婦

いつか となりのトトロのような暮らしをしたいと思っています。